left-border留学体験談

left circleleft circleイギリスの体験談

ケンブリッジサマープログラム16日間(学生寮滞在)
2015年8月2日発 興津友佳理さん (参加時 16才)

ケンブリッジ短期語学留学22日間 ケンブリッジ短期語学留学22日間 ケンブリッジ短期語学留学22日間

イギリス英語を習っていたこともあり、「本場のイギリスで自分の言葉がどれくらい通じるのか試してみたい」とか、「大学のキャンパスや古くからある建造物や教会などを見学してみたい」、「この目で見たい」という思いからイギリスを選びました。
そして、このプログラムはホームステイか寮生活か一人一人選択することが出来るため、今回は寮生活を選んだけれど、ホームステイはどんな感じ?というのも感じ取ることが出来るのではないかなと思い、ケンブリッジサマープログラムに参加しました。
ただ実際に授業を受けると、海外の人の理解の速度が速く、初めは授業に付いていくのか困難でした。しかし、となりにいるイタリア人の子とかに「こういう意味だよね、あってる?」とか聞くことで、少しずつ英語でどうやってコミュニケーションすればよいのか分かるようになりました。また、国によって話し方の特徴があったり、日本人との違いや、文化の多様性も感じ取ることが出来ました。
2週間という短い時間でしたが、英語だけでなく、他の国のあいさつを教えてもらったり、海外の文化に触れることが出来ました。もっともっと英語を話せるようになるために、これから日本でもたくさん勉強して、そしてまたいつか留学し、世界中の人と交流を深めていきたいと思います。
今回このプログラムに参加出来たこと、両親、部活、このプログラムの企画者に感謝します。ケンブリッジは大学で有名なこともあり、学生向けのお店、施設がたくさんあります。このプログラムにみなさんぜひ参加してみてください!Good Luck!!

 続きをみる

 閉じる


ボーンマス短期語学留学22日間
2015年10月4日発 S.Nさん(50代)

ケンブリッジサマープログラム ケンブリッジサマープログラム ケンブリッジサマープログラム ケンブリッジサマープログラム

留学をして英語を学びたい、外国で暮らしてみたい、という夢を実現できぬまま還暦を迎えようという年になりました。海外旅行の度にもっと英語ができたら楽しさも倍増するし、一人旅だってできるのに・・・と思っていました。子育ても終わり、幸いに親の介護もなく、今勉強しないと一生このままだという焦燥感が私を後押ししてくれ、イギリスボーンマスへの3週間短期留学を決めました。

一般英語のコースだったので、私以外は皆若い人達のクラスで、初めは授業についていけず、落ち込みました。短期留学に向け、一年間近く英会話のレッスンを受けたり、グラマーや英作文の勉強を日本でしていたので、少しずつ耳が慣れてくるとなんとかやっていくことができ、だんだんと授業が楽しくなってきました。いろいろな国の人達とそれぞれの国の話をしたり、週間の違いを肌で感じることができたのは貴重な体験で、毎日がエキサイティングでした。皆将来の夢に向かって英語を習得したいという人なので、クラスはひとつにまとまって先生もとても優しく一人一人に気を配って下さいました。

ホームステイ先では毎日おいしい食事を用意して下さり、いつも私の話を気長に聞いて下さるすばらしいホストマザーに大変お世話になりました。とても勉強家で何か国語も外国語を話すことができ、読書家でボランティア精神にあふれ、彼女から教わる事もたくさんありました。彼女の「Life is a jorney. Everyday is an adventure」という言葉を胸に、帰国してからこのすばらしい体験をきっかけに自分をみつめなおし、新たなスタートをしようと考えています。

 続きをみる

 閉じる


ケンブリッジ短期語学留学22日間
2015年10月4日発 松山あつ子さん(60代)

ケンブリッジ短期語学留学22日間 ケンブリッジ短期語学留学22日間

イギリスに憧れていたこと、語学力アップ、自分を知るため、そして仕事上のリサーチのためにこのコースを選びました。史上初の女性首相マーガレット・サッチャーの生涯に興味を持っており、またBurberry, Jaguarなどイギリスブランドが好きなこともイギリスを選んだ理由の一つです。幸せいっぱいの65年間、頼ってばかりで生きてきた自分、結局は一人では何もできない自分を知り、今まで以上に感謝できる自分になりたいと思っていました。

留学中は特に大変だったこともなく、ラッキーでハッピーな時間が多かったです。初めてロンドンへ向かう時、隣の席の方に声を掛けたら、日本語勉強中のケンブリッジ大学の大学生。キングスクロス駅まで楽しいひとときを過ごしました。また、大英博物館まで一緒に観光に行ってくれたイタリア人のクラスメート、ビクトリア駅でばったり出会った女性(25歳)はフリータイムの日だからといって、ウィンブルドン、バーバリ-ショップ、オックスフォードサーカスを案内してくれました。クラスメートの中国人の方とは同じ誕生日(年齢は違いますが)にはびっくりしてすっかり仲良くなりました。

語学力は少しの成果でしたが、ほとんど日本人がいない生活でもコミュニケーションができること、改めて挑戦することに素晴らしさを感じました。

結局は、生かされている自分、助けていただきながら生きている自分の再認識、新たなライフステージへ初心に戻れる自分を感じました。3週間の修了証をいただいた時は、感動し思わず涙・・・の私でした。

 続きをみる

 閉じる


ロンドンサマープログラム
2014年7月20日発 Y.Kさん

私は幼い頃から海外に興味があり、‘‘少しでも英語を聞き取れるようになりたい‘‘と強く望んでいたので今回のロンドンサマープログラムの留学に参加しました。
はじめの一週間は、正直本当に最悪でした。スタッフの話も聞き取れず、授業で伝えたいことが言えず、ついていけず、外国人のクラスメイトにもあきれられていたと思います。しかし、一週間も終わりにさしかかるころにはクラスメイトとも笑顔で話せるようになり、わからないところをゆっくり話して教えてくれる友人もできました。二週間目は本当によく英語で聞き取れるようになり、反対に私が少しですが友人に教えられるようになりました。そこまでくるには本当に長く感じました。先生方は、私が授業で分からないと察してくださり、私の元にきて丁寧に時間をかけて教えてくれて‘‘もしあなたが分からないことがあったら私が助けてあげるから何でも聞いて、心配することはないのよ‘‘と言ってくれました。また、毎日の授業で必ず‘‘理解できてる?‘‘と気にかけてくださいました。本当に優しくて、生徒のことをよく見てくださる先生ばかりでした。

午後のアクティビティの時間のときには、スタッフのみなさんと‘‘Let It Be‘‘を歌って帰ることもありました。留学中に出会った友人たちはイギリスの硬貨をどのようにしてレジで出せばいいのか分からなかったので、覚えていたら話しかけて教えてくれたあとに一緒にテストまで出してくれたり、夜のアクティビティのディスコでよく分からず困っていたら‘‘大丈夫?‘‘と声をかけてくれたり、誘ってくれて一緒に踊ったりしました。

留学は、勉強はもちろんですが、私はたった二週間という短い期間で本当にたくさんの大切な方々に出会うことができました。私は、この留学でもっともっと英語を勉強して今回出会った友人たちに再会してもっとたくさんのことを英語で話して、そしてまた新しい仲間に出会い自信を持って英語で話せる日がくればいいなと思いました。

 続きをみる

 閉じる


ケンブリッジサマープログラム
2014年 7月20日発 H.Kさん

ケンブリッジサマープログラム ケンブリッジサマープログラム ケンブリッジサマープログラム ケンブリッジサマープログラム

今回私がイギリスへ行こうと決意した理由は本場の英語を聞いて、より英会話力を高めたいと思ったからです。
やはり、日本にいると英語一色の生活は難しいです。そこで今回はホームステイを経験し、朝から晩まで英語に染まる生活を選択しました。

ただ、実際にイギリスへ行くと、いくつもの壁にぶつかりました。話すスピードが速すぎて、何を言っているのか理解で出来ない。自分で言いたいことがあるけれど、どういえばいいのかわからない。悔しくて仕方なく、何度も帰りたくなりました。
ですが、その悔しさをバネに積極的に外国人に話しかけていると、自然と英語が口から出てくるのです。そのうれしさと言ったらどんなことよりも貴重に感じました。
とにかく、誰かに話しかけてみることが大切です。相手はきっと応えてくれます。
また、色々な人と触れ合うと、自分らしさ、日本人らしさも大切にしよう、という気持ちになりました。そう思わせてくれたのは多くの外国人がしっかりとした意思と独創性を持っていたからです。周りに流されることは簡単ですが、その中で‘自分’を持つことが重要なんだと学びました。

この3週間、辛く感じたこともありましたが、それよりも楽しい時が多くありました。つまりつらいことがあったからこそ楽しい時を過ごせた、ということです。困ったことがあっても結局最後は丸く収まるのです。
これから留学なさる方はぜひ張り切って行っていらして下さい。GOOD LUCK!!

 続きをみる

 閉じる


イギリス ボーンマス短期語学留学29日間
2014年10月26日発 O.Tさん

私のクラスには、イタリア、オマーン、韓国、スペイン、台湾、チェコ、リビアの方がおり、日本人は私1人でした。様々な国の方と一緒に英語の勉強をすることによって、英語だけではなく、それぞれの国の文化、宗教、価値観の違いなども学ぶことができました。
紹介頂いたホームステイ先もとても素敵な方々で、私が日本人なので、夕飯には米料理を、日本人はグリーンティーを飲むからと緑茶を用意して下さいました。授業が終わって家に帰ると毎日ティータイムで、色々なことをホストファミリーと話すことによって、イギリス文化も学ぶこともでき、夢のような1ヶ月間でした。機会があれば、再びボーンマスを訪れたいと思います。

 続きをみる

 閉じる


プチ体験&語学レッスン(ロンドン観光付)
2014年4月出発 1週間 G.Kさん

プチ体験&語学レッスン(ロンドン観光付) プチ体験&語学レッスン(ロンドン観光付)

私が留学を決めた理由は、夏からオーストラリアへワーキングホリデーでいくため、その準備も含め、前から行きたかったイギリスへ観光もできるプランを探し、今回の留学となりました。

期間としては1週間という短い期間ではありましたが、私の滞在期間はちょうどイースターと重なったため、町はにぎわい、ホストファミリーの家ではパーティーが開かれ、私が想像していた通りの“ザ・イギリス”と感じられる伝統的なイギリス料理やイギリスの人々と触れ合うことができました。日々の流れとしては、午前中に大体2時間程度ホストマザーと2人で英語の勉強をし、午後に観光をしていました。日が落ちるのが21時近くでしたし、バスや地下鉄等の交通手段もわかりやすく自由に午後を満喫することができました。毎日が楽しくて、“もっといたい!!”“帰りたくない!!”と言ったら、ホストマザーが“お金なんていらないから、ここにもっといなさい”と言ってくれたことが忘れられません。結局、飛行機のチケットが変更できず、予定通り帰国しましたが、日本に戻ってもメールで英語を教えてくれるホストマザーとの出会いは、本当にこの留学をして良かったと思える1つです。

そして、自分の語学力についても、自分の足りない点に多く気が付くことができる機会となり、今回の気づきを今後もホストマザーの助けをかりつつ、改善していけたらと思います。

 続きをみる

 閉じる


ロンドン郊外短期語学留学
2014年2月23日出発 29日間 井筒有紀美さん

プチ体験&語学レッスン(ロンドン観光付) プチ体験&語学レッスン(ロンドン観光付) プチ体験&語学レッスン(ロンドン観光付)

みなさん、ロンドンへ行くべきです!

私は大学2回生の春休みに1ヶ月イギリスのロンドンへ行きました。決めた理由は長い休みに一人で海外へ行きたかったのと、観光もしたかったからです。
週15時間の授業だったので、昼からは毎日ロンドンの中心部などへ出かけていました。学校には日本人の学生も何人かいて、一緒に行動することが多かったです。ですが、ふと、私は英語の勉強と、一人で挑戦することが目的だったのに、日本人で固まっていていいのだろうか、と思い一人で行動してみることにしました。怪しい人に話しかけられることも道に迷うこともありましたが、一人でもできる、と自信が持てました。
そうすると、友達のことも、たまたま同じ時期に同じ学校を選んだ人たちであり、貴重な出会いだと思えてきて、3週目には不安もなくなり、一人の時間も友達といる時間も楽しむことができました。

普通の旅行ではできないような経験ができました。送り出してくれた両親、本当に優しくしてくれたホストファミリー、学校でできた様々な国の友達、手配してくださった留学センターの方々に本当に感謝しています。
そして来年の冬には友達と、ハウスメイトだった女の子がいるタイへ遊びに行く予定です!

 続きをみる

 閉じる


冬休み教師宅ホームステイ(ロンドン)
2013年12月22日出発 16日間 鈴木瑞代さん

イギリスロンドン 冬休み教師宅ホームステイ イギリスロンドン 冬休み教師宅ホームステイ

洋画や洋楽が好きで、外国の文化に興味がありました。また、自分の英語力がどれくらいのものなのか試してみたかったので、ホームステイを決めました。

今回、クリスマスと年越しをロンドンで過ごしました。日本でのクリスマスは友人と過ごす人が大半ですが、ロンドンはほとんどの人が家族と過ごすそうです。私もホームステイ先のクリスマスパーティーに参加しました。チキン、ポテト、ケーキ…色々なごちそうが出てきてとても楽しかったです。また年越しはビックベンへ行きました。日本のテンションとは全く違い、とにかく騒ぐ、さけぶ、踊るという感じで、とてもにぎやかでした。年越しと同時に花火が上がり、すごくきれいで、忘れることができません。
ただ、年越しの日は、道がとにかく汚い!ゴミ箱がないので、皆が道にポイ捨てします。あの道の汚さが一番印象に残っています(笑)

学校での英語の成績がわりと良く、特にリスニングテストには自信があったので、現地に行っても聞き取れるだろうと思っていましたが、ネイティブの英語は日本で聞く英語とは違いました。また、様々な人種の方がいるので訛りもあり、本当に聞き取ることが難しかったです。ただ、自分が一生懸命聞いたり、話したりすれば、相手もそうしてくれたので嬉しかったです。自分の英語力の向上を確かに感じて日本に帰ってくることができました!

 続きをみる

 閉じる


プチ体験&語学レッスン(ロンドン観光付)
2012年9月8日~ 7泊 小菅美佳さん

プチ体験&語学レッスン イギリス 留学を決めた理由は、大学生活中に一回は海外に行っておきたいという単純な思いからです。留学中は、朝7時ごろに起床して9時から約2時間レッスンをした後、様々な場所に観光をしに行くという毎日の繰り返しでした。携帯電話の万歩計を見たら、毎日約1万歩は歩いていました。私はけっこうインドアな方なので、イギリスの人々の朝から夜まで予定がびっしりの生活についていくのが大変でした。だけど、私が少しのことで疲れている間に、こんなにもたくさんのことをしている人たちもいるということが学べました。留学して何が変わったかというと、たくさんのいろんな人たちと話したいという気持ちになりました。私の英語はなかなか通じなくて、言葉が通じることの大切さに改めて気づいたので、もっと自分の気持ちを伝えられるように勉強しようと思いました。イギリスに留学してたくさんのことが学べました。

 続きをみる

 閉じる


オックスフォードサマープログラム【寮滞在】
2012年7月出発 15日間 K.Nさん

オックスフォードサマープログラム【寮滞在】 私がこのサマースクールに行くことにしたのは、日本と違う文化を知りたかったから、自分の英語力をためしたかったから、そして知らない人しかいない環境でコミュニケーション能力を上げたかったからです。実際に参加してみて、私は気づいたことがあります。それは「人はみんなやさしい」ということです。私が教室の場所が分からなかったとき、知らない先生に尋ねると丁寧に教えてくれました。授業中も「分からない」と言うと、みんなやさしく教えてくれたり、ゆっくり話してくれました。私は、コミュニケーション能力を上げるというよりは、分からなかったり誤解されることを恐れず、その人を信じて話しかけること、何かしてもらったときに笑顔でありがとうと言うことが大事なのだと学べたと思います。勇気を出して行くことにして本当に良かったです。ありがとうございました!!

 続きをみる

 閉じる


ボーンマス英語研修
2011年8月出発 29日間 越智康太郎さん

ボーンマス英語研修 ボーンマス英語研修

私が留学を決心したのは、「何か自分にとって有意義なことをしよう」と思ったためです。自分の大学の留学システムを使う選択肢もありましたが、そちらは日本人同志で寮に泊まるので「それじゃ英語を勉強しに留学する意味が無い」と、あえて日本人が少ないというこのコースを選びました。はじめの一週間は朝起きて夜寝るまで英語を聞き続けることに慣れず、ベッドに入るとすぐ意識が無くなるほど頭も体もくたくたになりました。

しかし、「向こうでうまくコミュニケーションがとれるか」という悩みはこの一週間の間にすっかり解消されました。担任の先生やクラスメートがクラスに入ってまもない自分がクラスに馴染めるよう取り計らってくれたため、日本人であるという感覚よりも同じ英語を話す仲間という感覚がしました。

今回の留学を通して一番大切だと思ったのは「熱意を持って話せば伝わる」ということです。たどたどしくてもくみ取ってくれるので、思ったよりも会話は続きます。そうやって会話することによって、今まで知らなかった文化、考え方に触れることができます。決して楽ではありませんが、多くの事を学ぶ絶好の機会だと私は思いました。

 続きをみる

 閉じる


オックスフォードサマープログラム
2010年8月出発 長尾山音さん

オックスフォードサマープログラム オックスフォードサマープログラム

年齢的に留学できる最後の年だということと、外国で英語を学びたくてイギリス、オックスフォードでの留学を決めました。授業では、はじめは先生も他国の生徒も早口に感じて、会話についていけなかったのですが、慣れてくるとリスニング力と単語力がつきました。文法の宿題は、私にとっては簡単に感じ、他国のクラスメートに教えてあげることもありました。

アクティビティのスポーツでバスケットボールを選びましたが、他国の生徒は皆背が高いので勝ち目がなかったです。インターナショナルディスコは、国の隔たりなく盛り上がれて、男女間で仲良くなることができました。オックスフォードの町はちょうどセール中で洋服などがとても安かったです。

街並みはレンガ造りで歴史を感じました。私はこの留学で、とりあえず何か話さないと意思は伝わらないと気付きました。少し間違った文章でも片言でも、何か言わないとお互いに理解できないと思いました。帰国して学校の成績も良くなりましたし、インターネット上でたくさんの友達と連絡を取り合っています。

 続きをみる

 閉じる


ロンドン郊外英語研修
2010年6月出発 深井麻美さん

ロンドン郊外英語研修 ロンドン郊外英語研修 ロンドン郊外英語研修

就職が決まり、働き始めるまでの間に英語力を伸ばすために参加しました。学校は日本人が少なく、クラスには私ひとりだったため、ほとんど英語漬けの毎日を送ることができてとてもよかったです。しかし、授業で日本の祭りのことを発表することになり、神輿(みこし)の説明に苦戦したりもしましたが、いい経験になりました。クラスメートとはすぐに仲良くなり、週3、4回は授業の後パブに集まり、ワールドカップ観戦で、それぞれの国を応援して盛り上がりました。学校のあるベッケナムは、治安がとても良く、夜歩いても全く問題ありませんでした。

終末はロンドン観光(大英博物館、ビッグベンやウェストミンスター寺院、ミュージカルなど)、ウィンザー城、ウィンブルドンなどたくさん観光を満喫しました。 ホストファミリーはモロッコ出身で、とても料理上手で親切でした。毎日手作りの美味しい料理を作ってくれ、他の留学生達と一緒に過ごす夕食の時間で、会話力が身についたと思います。留学をして、これまで視野が狭かったこと、また世界のこと日本のことについて知らないことが多いと痛感しました。「積極的になること」の難しさ、大切さも感じました。英語力だけでなく、人生において多くのことを学んだ留学になりました。ありがとうございました。

 続きをみる

 閉じる


ボーンマス英語研修
2010年6月出発 樋口友里さん

ボーンマス英語研修 ボーンマス英語研修 ボーンマス英語研修

長い期間で休みがあったので、それならば留学したいということで、今までいったことのないイギリスを選びました。留学中は、全ての人が優しく迎え入れて下さり、多くの友達を作ることができました。授業中は積極的に話すことで、英語の間違いを指摘してもらったり、分からないことが解決したりとにぎやかにやっていました。又、ボーンマスは、日本人が少ないということで日本語を使う機会が全くありませんでした。最初は、不安でしたが、逆にそういう状況にあることで英語のスキルがみるみると上達し、最後には日本語を忘れるという事態にまで…。

特に、私は他国の友達が多かったので日本を離れて、他国の人々と交流することにより、いかに自分が日本に対しての知識がなかったこと、又、世界について知らなかったことを認識するとともに学びました。イギリスについてではなく、スペイン、アラブ、アジア、ヨーロッパなどなどの国の宗教、文化、言語を友人から学び、これからは積極的に他国まで足を延ばし理解していこうと考えさせられる経験でした。 アコスタのカウンセラーにはわがままを全て聞いていただきとても感謝しています。ありがとうございました。

 続きをみる

 閉じる


オックスフォード
2009年7月出発 桑山忠弘さん

オックスフォード 初めは、父のすすめもあり、このコースを申し込んだため、特に自分の中で強い希望があった訳ではなかった。しかし、行ってみると、本当に来て良かったと思うことばかりであった。学校では先生やスタッフの方々が気軽に声をかけて下さり、すぐにとけ込む事ができ、すぐに多くの友達をつくることができた。しかし、なかなか思っていた以上に、思い考えを英語で相手サマースクールに伝えるというのは慣れていない事もあり大変だった。またそれ以上に言いたい事が伝わった時の喜びというのは何事にも変えられないものであった。街でも、色々な人々とふれ合うことができとてもいい経験になった。金曜日の夜にあったディスコでは土曜日に帰国する人々が中心にとても盛り上がる思い出に残るものであった。帰国後も、イギリスでできた多くの友達とインターネットを通じて連絡を取っている。この留学を通じて多種多様な文化圏で生活する人々とふれ合うことができ、とてもいい経験になった。

 続きをみる

 閉じる


オックスフォードサマ―スクール
2008年8月出発 豊間 友佳子さん

オックスフォードサマ―スクール オックスフォードサマ―スクール

以前家族とこのカレッジのすぐ近くのホテルに滞在したことがあり地理的にも少し知っていたのでこのサマースクールプログラムを見たときに是非参加したいと思いました。

2週間を過ごしてみて、これほど楽しく充実した日々はありませんでした。到着日翌日にクラス分けテストがあり、3日目、自分のクラスに入るとすぐに課題が与えられました。クラスは10人位で、ドイツ、ロシア、スペイン等から来た人達が流暢に英語を話しているのを聞き戸惑いましたが、その翌日以降は耳も慣れ、徐々にコミュニケーションが取れるようになりました。毎回違った内容の授業で、グループ発表や自分の意見を述べたりすることもありましたが、常にアットホームで全員が参加し互いに助け合うことができました。午後は、スポーツやフリータイムがあり、友人達と一緒にショッピングセンターやカフェなどに行ったり、それぞれの国の多様な文化を知ることができました。またオックスフォード郊外やロンドン市内への遠足も道中大変賑やかで、楽しく歴史を学ぶことができました。朝昼晩の3食はいくつかのメニューから選ぶことができ、また大学内は24時間安全に管理されていて夜はゆっくり過ごせたので体調を崩すこともなく快適でした。

最終日に同じ時間帯の便に乗る友人達を乗せたバスが次々とカレッジの門の前を出発していくと皆、別れがたく、来年も必ずまた会いましょう!!と涙を流しながらずっと手を振っていました。多少のハプニングはありましたが、それも今は良い思い出でもうしばらくここにいたい・・・、このサマースクールがもっと長く続けばよいのに・・・、と繰り返し思いながら帰国しました。帰国後はクラスメート達とメールでやりとりしていて次に再会できる時を心待ちにしています。

 続きをみる

 閉じる