オーストラリアのホームステイ&短期留学|ACOSTA

東京 03-5214-0611
  • 説明会予約
  • 資料請求
  • オンライン申込

留学説明会の日程留学説明会の日程

詳しく見る詳しく見る
  • 2017年夏休みコース2017年夏休みコース
  • 2017年春休みコース2016年春休みコース
  • FEVについてFEVについて
  • ホームステイ体験談ホームステイ体験談
  • 留学日記留学日記
  • Q&AQ&A
  • ご案内とご注意ご案内とご注意

NEWSNEWS

2017.06.09. <締切>2017年夏休みコースの申込締切りました。

2017.05.23. <説明会>5/28(日)プログラム募集説明会追加開催決定!皆様のご来場をお待ちしております。

2017.05.23. <締切>中学生・高校生コース21日間は、全日程定員に達しました。

2017.04.17. <締切>プログラム募集説明会 東京A(4/23)は定員に達しました。
沢山のご応募、ありがとうございました。

2017.02.03. ブリスベン・シドニーコースともに申込締切りました。

留学体験談留学体験談

村山 奈津子さん
オーストラリア

村山 奈津子さん
ご参加時:高校1年生

私は去年、沖縄県で開催されたEnglish Campに参加しました。そこでは、外国人の先生による英会話レッスンやアクティビティをしました...私は去年、沖縄県で開催されたEnglish Campに参加しました...

続きを読む
石木 優さん
オーストラリア

石木 優さん
ご参加時:小学5年生

オーストラリアの学校に行けるからこのホームステイプログラムへの参加を決めました。学校で一番楽しかったことは、バディのクラスで...オーストラリアの学校に行けるからこのホームステイプログラムへの参加を決めました。...

続きを読む
植村 泰成
オーストラリア

植村 泰成さん
ご参加時:中学3年生

参加した動機は、学校の友達や部活の先輩が海外にホームステイをした話を聞いて、自分も海外へ行きたいと強く思ったからです。なので最初は...参加した動機は、学校の友達や部活の先輩が海外にホームステイをした話を聞いて...

続きを読む
榎坂 結衣
オーストラリア

榎坂 結衣さん
ご参加時:中学2年生

私が今回参加を決めた理由は、私が今持っている英語力で海外で生活してみたいからということと、海外の学校の授業を体験してみたいと思ったからです...私が今回参加を決めた理由は、私が今持っている英語力で海外で生活してみたいから...

続きを読む

引率者のアドバイス引率者のアドバイス

大西 理紗 先生【オーストラリア(第35回)夏休み引率者】

大西 理紗 先生
【オーストラリア(第35回)夏休み引率者】

大西 理紗さん【オーストラリア(第36回) 夏休み引率者】

カナダとオーストラリアで計2回、引率をしました。現地滞在中に特に感じたことは、英語を積極的に理解しようとする生徒さんは留学体験中に驚くほど成長するということです。学年や元々の英語の得意・不得意は、もはやほとんど関係ありません。留学体験を実りあるものにするために1番重要なのは「現地の人々とコミュニケーションを取りたい!」「自分の思ったことを伝えたい!」という気持ちだと思います。英語がわからないからといって聞き流さないでください。少しでも自分の力で聞き取ろうとする努力が大切です。英語が話せないからといって殻に閉じこもらないでください。誰でも最初から話せたりしません。ジェスチャーでも何でも工夫して良いのです。とにかく「伝えたい」という気持ちを忘れないでください。どうしても「わからない」と思ったら、そのこともしっかり相手に「伝えること」が大切です。現地の先生方やホストファミリーはきっと力になってくれるでしょう。

また、現地での生活は慣れないことが多く、不安を抱く生徒さんも少なくはありません。初めての土地で初めて出会う人々との生活です。不安を感じるのは当たり前だと思います。しかし、プラスに考えてみてください。海外の人々と一緒に暮らせるなんて、とても貴重な体験だと思いませんか。旅行では味わえない出来事ばかりです。私は今でもホームステイ先や現地の学校で新たな発見があると忘れないうちにメモに残します。初めて食べた料理でも、生活習慣の違いでも、些細な発見でも後で見返すとすごくおもしろいですよ。皆さんも是非、留学体験に参加する際はホームステイならではの発見を探してみてください。

帰国日が近づくにつれて生徒さんは皆、口を揃えて「あっという間だった」と寂しそうに言います。1週間プログラムの時も、3週間プログラムの時も、同じでした。そう思えるのは自分の力で実りある体験をすることができた証拠だと思います。留学体験中に勇気を出して得た貴重な経験の数々は、帰国した後もきっと皆さんの力となるでしょう。

過去引率のアドバイス過去引率のアドバイス

アンケート結果アンケート結果

生徒様のご意見生徒様のご意見

・自分だけのいい思い出ができた。
・ファミリー・バディと共にする生活が楽しかった。
・1人の時間をくれたり、ペースを強制されることもなかった。

続きを読む続きを読む

保護者様のご意見保護者様のご意見

・英語に対する壁がなくなったのだと思う。
・今まで親任せだったことを自分でやっている。
・留学に興味を持ち始めた。

続きを読む続きを読む

オーストラリア生活ガイドオーストラリア生活ガイド

オーストラリア生活ガイドオーストラリア生活ガイド

オーストラリア大陸は、日本の約22倍の広さで、世界で6番目に面積の大きい国です。赤道を挟んで日本の反対側に位置し、日本とは逆の季節になります。
南半球のオーストラリアは、季節が逆の夏~秋になります。

続きを読む続きを読む

失敗しないホームステイの5つの心得!
ベテラン留学カウンセラーが教える留学ノウハウ

こんにちは。留学カウンセラーの平田です。私は学生の頃からホームステイが大好きで、アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア・ドイツでホームステイ経験があります。自身の経験とこの道15年の送客経験を活かして、ホームステイのコツをご紹介します。

ホームステイ先で失敗しないためには

ホームステイ先で失敗したという体験談を聞いて不安に思っている方も多いのではないでしょうか?「ホームステイは当たりハズレがあるんですよね?」という質問をよくいただくことがあります。

実際、色々な条件から見て「当たりハズレ」がないとは言えないと思いますが、知らない人同士が突然一緒に生活をするのですから、「合う、合わない」といった問題の方が大きいように思います。人と人ですから、生理的に、または性格的に合う、合わないというのはやはりありますよね。

例えばとても面倒見がよく、細部に渡り丁寧に説明をしてくれ、積極的に交流を図ろうとするホストファミリーがいたとします。多くの留学生の評判はとてもいい場合でも、ある留学生にとっては、家のきまりが細かすぎて疲れる、干渉されすぎるからもっと一人にしてほしい、と感じる場合もあります。同じホストファミリーに滞在しても、評価は留学生によって異なることも少なくないのです。

例えば、高齢のシングルマザーの家庭があったとします。渡航前に家族が一人だけというのは「ハズレ」だなと感じる留学生もいるようですが、渡航してみれば、1対1でしっかり会話ができてよかった、自分のために色々なところへ連れていってくれた等、と実は評判がいいことが多いのです。

お子様が何人かいるような、多くの方が「当たり」だとイメージしているようなホストファミリーは、共働きのご家庭が普通ですし、平日も週末もお子様の習い事や行事で忙しくしていたりして、思ったように一緒に時間が過ごせないということもあったりします。家族構成や人種、宗教等では良し悪しは判断ができないので、勝手な期待やイメージは禁物です。

また、ホストファミリーは滞在費をもらって、宿泊するためのお部屋や食事を提供しているため、それを大切な収入源としているファミリーも実際多くいらっしゃいますが、それでも留学生は「お客さま」ではありません。ホテルのようなサービスを期待してホームステイに臨むのは大間違いです。留学生自身のホストファミリーの接し方、関わり方によって満足度が違ってくるものであると肝に銘じてください。

「当たりハズレ」で考えるのではなく、「どうしたらホームステイ先の家庭に心地よく受け入れてもらえるか」を考えましょう。

ホースステイ先に好かれるための5つのポイント

02

1.いつも笑顔で接すること!

笑顔は世界共通。あなたの笑顔は周りの人に伝染します。これはただの精神論ではありません。

人間には「ミラーニューロン」と呼ばれる脳神経細胞があり、他者の行動を見て鏡の様に反応をするという脳の働きがあることが科学的にも証明されているのです。

2.感謝の気持ちは、大袈裟なくらい表現しよう!何かをしてもらったら必ず「Thank you!」

ご飯がおいしかったらたくさん褒めましょう。 It’s delicious(deliciousの代わりにfantastic,wonderfulも使えます). Yummy! I love it. 等、色々な表現を覚えておきましょう。

It’s ok. やIt’s good.は「まあまあいい」といったニュアンスになりますので、あまり褒めていることにはなりません。

3.やってほしいことは自分からはっきり言おう!

夜寒いから毛布がほしい、ご飯が多すぎるから減らしてほしい等、生活面で思ったことは我慢せずに伝えることが大切です。我慢しているとストレスになり、ホストファミリーへの不満へと発展していくことがあります。

何でも伝えて、自分が居心地良い環境を作る努力をすることも成功の秘訣です。ホストファミリーも我慢せずに何でも言ってほしいと思っているはずです。

4.自分のことは自分でするのが当たり前という意識を持とう!

朝は自分で起きる、朝ご飯の準備や片づけ、自分が使う場所の掃除等は当たり前ですが、食器の洗い物、買い物のお手伝い等、できることはどんどんやりましょう。

ホストファミリーに「あなたがいてくれて助かるわ。嬉しいわ。」と思ってもらえたら、家族の一員として自分自身も気持ちよく滞在できますよね。お客様気分でいると、関係が深まらないだけではなく、ファミリーにとって面倒な人になってしまうこともあるので要注意です。

5.物事を曖昧にしない!

ホストファミリーにとって一番イライラするそうですよ。日本人の意見のなさや返答の遅さ。何かを聞かれて、「うーん、えーっとー」という時間が長いのはNGです。

「どっちでもいい」なんて答えもいけませんし、英語で聞かれた質問の意味がわかっていないので、適当にYES!YES!なんて答えてしまうのもやめましょう。わかるまで聞いて、自分の意思をはっきり伝えましょう。

ホームステイ滞在をしていて、どうしても耐えられない…というとき

ホームステイは、少なからず我慢しなければならない場面に遭遇すると思います。そんなときは我慢しすぎないで学校、サポートオフィス、カウンセラーに相談しましょう。

解決できる問題であれば、話し合いの場を持つことで気持ち良く生活できるようになる場合が多いです。ホストファミリーに問題がある場合や、どうしても解決できない問題であれば、別のホームステイ先に移るという選択肢もあります。

ホームステイ先は選べない?

Noriko Sato (1)

基本的にホームステイ先はホテルと異なり、選ぶことができません。留学生の希望、ホストファミリー側の両方の希望をマッチングさせて、学校またはホームステイ業者が選んでいます。

しかし、どうしても先生は自分で選びたいという方のために、「先生が選べる教師宅ホームステイプログラム」もありますので、利用を検討してみてください。

おわりに

ホームステイの成功の秘訣は、「笑顔と積極的な姿勢」です。

相手に求めるばかりではなく、留学生自身が考え方、接し方を少し変えるだけで、見違えるようにホストファミリーとうまくいくことがあります。

いつも笑顔でフレンドリーに接することを心掛け、遠慮しすぎず積極的に交流を図る努力し、一生付き合えるようなホストファミリーとの関係を構築できれば、素敵ですね。

ページトップへ ▲
TEL03-5214-0611
2017年夏休みコース間 2016年春休みコース