ピックアップ

バナー:夏休み大学生短期語学留学 バナー:小中高夏休み語学留学
バナー:夏休み大学生短期語学留学 バナー:夏休み小中高校生の語学研修

お知らせ

 もっと見る

 閉じる

留学準備ガイド

留学体験談

体験談をもっと見る

アコスタがお客様に選ばれる理由

① 随時、個別のカウンセリング&オリエンテーションを実施

アコスタでは皆様が本音でカウンセラーと向き合えるよう、個別のカウンセリングを大切にしています。

アコスタのカウンセラーは自身の留学経験を基に、お客様の留学目的やご要望・ご予算に合わせ、お客様の立場に立って親切・丁寧・まごころを込めてカウンセリング&オリエンテーションを行います。留学検討中はもちろん、お申し込み後も随時カウンセリングを承っております。担当カウンセラーへ本音をぶつけてください。遠方・ご多忙のお客様はお電話やメールなどのカウンセリングも実施しております。

② お客様のニーズに合わせた2つの留学プログラム・プランをご提案

■語学留学に必要な費用をセットした「短期留学パッケージプログラム」

世界の8カ国23都市よりアコスタが自信を持ってお薦めする語学学校を厳選!
留学期間は1~4週間よりお選びいただけます。滞在方法はホームステイや寮滞在です。(コースにより指定または選択が可能です)募集型企画旅行契約のため、旅程管理・特別補償・旅程保証の対象です。
※詳細はご旅行条件書をご覧ください。

■最適な学校を選び、ご希望に合わせる「オーダーメイド」留学プラン

希望の言語、国、都市、留学期間、語学プログラム、滞在方法などお客様のご希望に沿ってお選びいただけます。往復航空券や現地空港からの送迎もご希望により手配が可能です。ご契約後クーリングオフの対象期間があります。
※詳細はオーダーメイドプログラム条件書をご覧ください。

③ 実績と経験

旅行業登録の留学事業者(観光長官登録旅行業第300号)

アコスタは、株式会社ユナイテッドツアーズ(近畿日本ツーリストグループ)の海外留学専門セクションであり、1993年に開設以来、数多くのお客様の留学をお手伝いして参りました。お客様の留学目的が達成できるよう、世界中の語学学校を厳選し、より質の高いプログラムの提供に努めております。旅行事業者として、日本旅行業協会(JATA)、ボンド保証会員、旅行業公正取引協議会の正会員です。留学事業者として、JAOS海外留学協議会及び留学・語学研修等協議会(CIEL)の正会員で、留学サービス審査機構(J-CROSS)の第1期認証を受けています。

海外留学する前におさえておきたい豆知識

① 持って行くと便利なもの

海外留学では短期にせよ、長期にせよ、荷物が多くなってしまがちです。できるだけ荷物を軽くしたいと思って、必要なものまで日本に置いて行かないように注意しましょう。特に持って行くと便利なものは、傘やカッパなどの雨具、カイロなど防寒に関するグッズです。また海外ではクレジットカードが必携です。また、年齢制限なくお持ちいただける海外専用プリペイドカードもお勧めしています。

② 日本食の持ち込みについて

海外留学中、大丈夫だと思っていても、日本食が恋しくなってしまうという人は意外に多いものです。テレビなどで、スポーツ選手が炊飯器や梅干しなどを持ち込んでいる映像を見たことがある人もいるのではないでしょうか?大丈夫だと思っていても、いざ食べられないとなると恋しくなってしまうものです。話には聞いていたけれど、こんなに苦しむことになるなんてと後悔しないためにも、少量でいいので日本食の持ち込みをおすすめします。また、手作りのものは入国審査で没収されやすいので、市販のものにしましょう。たとえ調味料などであっても、口にする物であれば、税関は正直に食事の持ち込みであると伝えましょう。国によって持込できる品目が異なりますので、確認してから持参しましょう。

③ 薬について

慣れない環境で体調を崩してしまうことも。 どんなに暑い日でも寒い日でもへっちゃらで体調不良とは無縁という人でも、土地や文化の違いで知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまい体調を崩してしまうということがあります。いざ、海外で体調を崩してしまうと、現地の薬で大丈夫かな?と不安になってしまうものです。また、海外の薬は日本人には効きすぎてしまうという場合も少なくありません。留学期間・渡航する国に応じて、常備薬を持ち込むことをおすすめします。持ち込む薬は処方箋がないと入国審査で没収されることがあるので、処方箋を持参するようにしてください。

④ 予防接種について

海外に渡航する際に、予防接種の確認はとても大事。 大事とはわかっていても、意外と見落とされがちなのが予防接種についてです。子供の頃から受けるべき予防接種は受けてきたよ!という人でも、それは日本でのお話になってしまします。渡航する国によっては、新たに予防接種を受けておいたほうがいい場合も。自分の行く地域と必要な予防接種について調べておきましょう。また、予防接種は数回に渡って接種する必要があるものもありますので、計画的に行いましょう。

目的で選ぶ

国で選ぶ