オーダーメイド・プログラムこのプログラムは留学先、語学学校、留学期間、滞在方法などを自由に組み合わせるプログラムで、一例をご紹介しています。

オーストラリア/シドニー休学留学、転職のための留学におすすめ!!  語学研修+企業インターンシップ

多くのインターンシップ実績のある語学学校の人気プログラム。
オーストラリア・シドニーで夢の仕事体験をしてみませんか。

おすすめポイント

Point 1

休学して留学したい大学生や、転職を考えている社会人におすすめ! 

Point 2

インターンシップに定評のある学校で、これまで400人以上の留学生の仕事を斡旋してきたインターンシップ専任スタッフがサポート! 

Point 3

学生査証で渡航。就学中は週20時間までアルバイトもOK!

  • 1.jpg
  • 2.jpg
  • 3.jpg
  • 4.png

特徴

18歳以上 ホームステイ 日本語スタッフ 大学生におすすめ 社会人におすすめ


left circleleft circle学校情報minus sign
参加資格 18歳以上
学校名 Access Language Centre(アクセス ランゲージ センター)
ロケーション シドニー市内のセントラル駅から徒歩3分の好立地に位置し、通学にも便利です。
コース内容 【一般英語 Super Intensive/週23時間】
月~水:8:30~14:15
木・金:8:30~13:10

フルタイムは、スーパーインテンシブ(週23時間)、またはインテンシブ(週20時間)で受けることができます。レッスンは全て授業形式で、自習時間はありません。

入門から初中級までのレベルでは、スピーキングとリスニングに重点を置いて勉強します。発音矯正やスラングなど、買い物や銀行へ行ったとき、住居探し、仕事探しなどの生活する上で必要な、かつ実践的な英語を学習します。

中級以上のクラスでは、日常的に使われるイディオムやスラングを交えた英会話を学習します。学生達はより複雑なテーマでディスカッションをしたり、ニュースや映画、ドラマなどの理解力も深めます。

☆インターンシップに向け、中上級~上級レベルの英語力を目指していただきます。 

☆中級レベルに達した時点で、ビジネス英語に変更も可能。(同料金のため、追加代金なし) 

☆ケンブリッジ検定の試験対策コース(FCE,CAE)に変更も可能(現地で追加代金の支払が必要です。)
 
☆平日・週末は学校主催のアクティビティに自由参加が可能です。
入学日 毎週月曜日
レベル 入門(Beginner)から上級(Advanced)まで6段階
学生数 約300名
国籍割合 日本17%(4・5月20%)、南米32%、ヨーロッパ30%、韓国13%、その他アジア5%、他
滞在方法 ホームステイ(一人部屋)
月~金/朝・夕食付、土・日/朝・昼・夕食付

最初の約3ヶ月間ホームステイし、その後学生向けホステルやアパート、ハウスシェアをされる方が多いです。ホームステイが気に入れば、現地で延長も可能です。
査証(ビザ) 学生ビザ
☆語学研修期間に対し、1/4の期間のみインターンシップ参加可
☆アコスタで代理申請可能です。ご希望の方はご予約時にお知らせください。
企業インターンシップについて 目的:

①英語コミュニケーション能力の向上
②オーストラリアローカル職場での生きた英語学習
③オーストラリア文化、社会への理解


プログラム参加必要事項:

①中上級程度の英語力(研修をする上で問題ない程度のコミュニケーション力) *事前にエントリーテストを受験して頂きます。
②インターンシップに対する真剣な姿勢
③研修先でのルールやシステムに従うことのできる柔軟性


インターンシップご紹介先:

ホテル/ホステル、出版、ツーリズム、マーケティング、デザイン、メディア、イベント、動物園、不動産、一般事務、輸出入、薬剤、IT,市役所、保険、建築、金融/会計、広告、コンピューターエンジニア等

*インターンシップ先につきましてはご希望を重視しますが、英語力やインターンシップご紹介時期によってはご希望にお応えできない場合がございます。あらかじめご了承ください。
企業インターンシップ Q&A Q1.インターンシップ参加英語力はどれぐらいですか?
A. 中上級以上です。研修中のスタッフとの会話は全て英語となりますので意思疎通できる英語力が必要となります。

Q2.語学留学とインターンシップ終了後、修了書は発行されますか?
A. はい。アクセスランゲージセンターから英語コース卒業証明書、またインターンシップ研修先からは将来就職に役立つレファレンス(インターンシップ修了書)が発行されます。

Q3.語学留学中は英会話は学習できますか?
A. はい。アクセスランゲージセンターでは常に英語圏においてのコミュニケーション力向上に重点をおいた授業が展開されます。オーストラリア国内はもちろん、海外でも英語を教えた事がある経験豊富な教師陣が展開する授業ではより生きた英語を習得できるでしょう。

Q4.もし、インターンシップの時に、困った事や問題が起きた時には誰に相談すれば良いですか? 
A. アクセスランゲージセンターに日本語で相談できるスタッフが常勤しています。どうぞご安心くださいませ。

Q5.インターンシップの場所は、自分の希望する所で研修できますか?
A. 学生様のインターンシップ希望業種を第3希望まで事前に皆様にお伺いします。英語力、また研修先によってはご希望にお応えできない場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

Q6. 語学学校では、どのような内容を授業で教えてもらえますか?
例) 実践生活英会話 (8.30AM-9.30AM)
集中英会話/文法 (9.40AM-11.10AM)
集中英会話/文法 (11.20AM-12.50PM)
弱点集中強化選択授業 (13.30PM-14.30PM)
(選択授業:英会話、グラマー、ライティングスキル、発音矯正、TOEIC攻略等)

Q7.休日はどのようになっていますか?休日はありますか?土日が休みですか?
A. 語学研修中は月曜日から金曜日の授業となります。インターンシップ先でのスケジュールは各研修先によって異なります。

Q8.インターンシップ先は、いつ決まりますか?
A. 約3週間前にインターンシップ先をご連絡致します。
参加者の声

・インターン中に学んだこと:英語の面では取引先の方とのメールが多いので、ビジネス英語とはいかずとも丁寧な英語は身についたような気がします。仕事に関することで分からないまま進めると誤解が生じるので、自分でしっかり理解してから相手に伝える、わからないことは質問する、というのがどれだけ大事かわかりました。会社内だけではなく外に人脈ができると視野が広がりました。実際に企業に入って働くという経験ができたことで、将来のことや帰国までの過ごし方など自分を見つめ直すいい機会だと思いました。
・インターンをお考えの方へのメッセージ:日本のインターンのイメージとは違い、教えてくれる担当の先輩が常に指示してくれるわけではないので自分から仕事を取りに行く姿勢が必要だと感じました。これは海外でしかできない経験だと思います。
M.Kさん(大学生・ワーホリビザで渡航)
2017年3月6日~5月26日 一般英語(12週間)、5月29日~8月18日 インターンシップ(12週間)
仕事の業界:広告業界
主な仕事内容:営業担当で、新聞に広告を載せたいクライアントや広告代理店との取引が主な仕事内容です。

カウンセラーからの一言

私もカナダで一般英語を学んだ後、地元のIT企業でインターンシップをしたことがあります。もともとはWeb企業のインターンシップを希望していましたが、コーディネイト担当スタッフと相談してIT企業にいくことになりました。IT分野は英語を多用しますし、私自身IT分野の知識や経験があったのでとても馴染みやすかったです。中上級以上の英語力が必要なインターンシップというと壁を感じてしまうかもしれませんが、ご自身の知識や経験があれば思っていた以上に馴染みやすく、仕事とは別の、同僚との会話の仕方や海外の職場文化を学ぶことに集中できます。もちろん、大学生のインターン生もたくさんいて、空港やマーケティング企業でインターンシップをしていましたよ。
留学生の多い語学学校とは違い、地元の生活に溶け込むことは、大変ではありますが貴重な財産になりますよ。


left circleleft circle旅行代金minus sign

【費用はお問い合わせください。】

left circle left circle 【口コミ情報】周辺のおすすめスポット minus sign
  • シドニーのはじまりの街ロックスで地ビールを楽しむ

    ハーバーブリッジのたもとに広がるロックス地域はシドニーでも入植当時の古い石造りの建物が多く残っているエリアです。週末にはマーケットが開かれるのでいつも賑わっています。カフェやパブが多く、昼前からテラス席には地ビールを楽しむ人たちがいます。オーストラリア最古のパブ、ロードネルソンブリューワリーホテルでは地ビールを、オーストラリアンホテルではオーストラリアならではのクロコダイル、カンガルー、エミューのピザが味わえます。シドニーには街角パブがたくさんありますが酒屋さんで売っているようなメジャーな銘柄より、ぜひ地ビールを味わいましょう。一杯飲んで次に移動。パブのはしごをしてみるのも楽しいです。日本人、アジア人はほぼいませんのでローカルな雰囲気が味わえます。

  • QVB でお買い物してコーヒータイムはいかが?

    シドニーのど真ん中、タウンホールの前にある王宮のような豪華な建物がクイーン・ビクトリア・ビルディングです。館内には高級ブランドを含む洋服やバッグ、お土産、カフェがたくさんあります。外観に負けず中も豪華なデザインで建物の見学だけでも楽しめます。日本人に人気のUGGも入っています。日本で見かけないデザインやセールをやっていることもしばしば。お土産購入の際には立ち寄ってみるといいでしょう。お土産にもう一つおすすめしたいのはチョコレートです。QVBには専門店がいくつか入っています。どこも種類豊富でパッケージも素敵なお店です。もちろん味は◎。美味しさのあまりもっと買えばよかったと後悔するくらいです。お買い物に疲れたらカフェでお茶が良いでしょう。マカロンが有名なお店もありますのでお茶しながら館内の雰囲気を楽しんでください。