短期語学留学パッケージプログラムこのプログラムは1~4週間の短期留学に必要な費用(往復航空券・滞在費・授業料・空港送迎等)をパッケージしたプログラムです。

イギリス/オックスフォード[2017年・夏休み] オックスフォード大学サマープログラム 16・30日間

学校名

研修施設 セントヒューズ大学

運営 デュークスエデュケーショングループ

オックスフォード大学で国際色豊かな寮生活を体験しよう

おすすめポイント

Point 1

世界的に有名な約50のカレッジからなるオックスフォード大学の中のカレッジのひとつが研修場所です。緑の多い優雅な雰囲気で、大学生達の生活体験ができます。

Point 2

約35カ国から生徒が集まり、国際交流を楽しめます。

Point 3

校内および周辺は、監視カメラで24時間セキュリティチェックされており、安全な環境が提供されています。

  • 1.jpg
  • 2.jpg
  • 3.jpg
  • 4.jpg
  • 5.jpg

特徴

中学生~17歳 大学キャンパス 学生寮 日本語サポート 日本語出迎え 東京直行便利用 往復空港送迎付き 前年度人気プログラム


left circleleft circle学校情報minus sign
参加資格 15~17歳
研修施設 St Hugh's College(セントヒューズカレッジ)
世界的に有名なオックスフォード大学の1つ。 1886年に有名な詩人ウィリアム・ワーズワースのいとこであるエリザベス・ワーズワースによって設立されました。現在は共学ですが、もともとは女性の教育に力を注いできた女子大で、ノーベル平和賞を受賞したアウン・サン・スーチー女史もこのカレッジの卒業生です。
運営 このプログラムは2017年からDukes Education GroupのSummer Boarding Coursesのひとつとして運営されます。Summer Boarding Coursesではオックスフォードを中心に小・中・高校生向けプログラムを6コース開講しており、100以上の国から生徒が集まります。
コース内容 午前(火~木/土・日):英語レッスン(週15時間)
出発前にオンラインテストおよび初日にクラス分けテストがあり、レベルに合ったクラスに入ります。アカデミックな英語の習得を目的に、読み・書き・会話・発音・文法・プレゼンテーションスキルなどを学びます。

午後(火・木):選択制セミナー(週4時間)
Academic WrithingまたはGlobal Thinkingからお選びいただきます。Academic Writing・・・エッセイの書き方を中心に学びます。
Global Thinking・・・地球規模の社会問題等についてディスカッションやディベートを行います。

午後(水):テーマ別ロンドン視察(半日)またはゲスト講演
午前中の英語レッスンのテーマ(当プログラムは「一般英語」)に沿ったロンドン市内の施設を訪問します。またはゲストを招いての講演があります。

午後(土・日):アクティビティ
他の国の生徒と交流を深める絶好のチャンスとなるでしょう。オックスフォードの市内観光やテニス、バレーボールなどのスポーツアクティビティを開催します。

夜 : イブニングアクティビティ
各種ゲーム、ディスコなど毎晩アクティビティが用意されています。

月・金:終日観光
ロンドン、ストーンヘンジ、ブライトンなど人気の観光地を訪れます。
クラス 1クラス最大13名
レベル 初中級から上級まで4レベル
学生数(2016年週平均) 約150~200名
国籍割合(2016年平均) 日本8%(最大17%)、フランス30%、ドイツ12%、スロベニア5%、スペイン・ポーランド・トルコ4%、その他
※クラスに参加する時期及び参加者の語学レベルによって、日本人比率は大きく異なります。
ロケーション イギリス最古の大学の街オックスフォードは、中世建築のカレッジが多く街の中心部に点在しており、賑やかなショッピング街と共存し独特な雰囲気が漂っています。キャンパスはオックスフォードの中心部から徒歩約15分の場所にあります。
滞在方法 学生寮:1~2人部屋
月~日/朝・昼・夕食付
※1人部屋・2人部屋の指定はできません。
left circleleft circleスケジュールminus sign

旅行条件

  • 利用航空会社:日本航空、全日空、ブリティッシュ・エアウェイズ
    添乗員:同行しません。
    最少催行人員:1名

※大阪・名古屋並びに日本国内の空港発着の乗継については、こちらをご覧ください。

滞在中のサンプル スケジュール

※下記日程は一例です。


left circleleft circle旅行代金minus sign

【授業時間:週19時間、滞在方法:学生寮、東京(成田/羽田)発着】
※大阪・名古屋発着は15,000円追加となります。

出発日
7/17(月)
7/31(月)
16日間
東京(成田/羽田)発着 

664,000円

699,000円

30日間
東京(成田/羽田)発着 

1,072,000円

-


 

-

-


 

-

-

left circleleft circle注意事項minus sign
  • 燃油サーチャージ(目安7,600円:2月1日現在)が別途必要となります。(燃油サーチャージは今後変更になる場合がございます)また国内、海外空港諸税が含まれておりませんので、販売店にお支払いください。
  • 入国の際に必要な同意書および、研修先の同意書をご提出いただきます。
  • 到着時、寮の保証金£50が必要となります。(現地出発前に返金可)
  • 下記の追加代金を加算していただくことにより、東京乗継にて下記国内空港からご出発いただけます。
    【札幌(新千歳)、福岡】20,000円(片道の場合10,000円)
    上記以外の国内空港をご利用の場合はお問い合わせください。

旅行代金に含まれるもの

  • ●航空運賃
    ●往復空港送迎費(到着時の日本語出迎え付)
    ●授業料
    ●テキスト代
    ●アクティビティ代
    ●観光代
    ●寮滞在費用(3食付)
    ●手続代行料
left circle left circle 【口コミ情報】周辺のおすすめスポット minus sign
  • 原宿のような若者の店が多いカムデンタウン

    イギリスはヨーロッパの雰囲気の建物がありながらしっかり英語で生活できるので留学にはとてもいい経験になります。そんな中ピカデリーやロンドン中心は若者には少しつまらないものになるのもまた事実。そんな時に少し離れているのはありますが、カムデンタウンがお勧めです。イギリス版原宿といってもいい感じではないでしょうか。若者が多く様子はヨーロッパの田舎町。ですが、洋服屋さんなど沢山のお店がひしめき合っています。変なのりの客引きもいないことはないのですが、無視していれば全然問題ありません。いつしか時間を忘れて色々な店に足を踏み入れて楽しい一日を過ごすことができると思います。日本にはあまりない雰囲気で色々な店をたっぷりと見て楽しむといい気分になれますよ。

  • シティセンターもしくはカーファックスと呼ばれていて道路が十字になっている場所です。

    道路沿いに歩くだけでオックスフォード大学の沢山の重厚な建物が近くで確認できます。敷地内にも入る事が出来る所もあり一年を通じて観光客が絶えません。石畳の路地を入ると最古の図書館などが立って居ます。留学中の皇太子さまが実際に利用していた場所でもあり記念写真を撮るために立ち寄るのもいいです。通り沿いにはハリーポッターの世界を連想させるニットショップやアフタヌーンティーを出すお店が点在していて散策だけでも楽しめます。町中にはちょっとしたファーストフードのお店があり気軽に時間を潰せます。メニューの中身も日本の内容と変わりませんからオーダーも安心です。疲れた時にすぐに利用できる点も便利です。中心地にはコーチステーションがあり、そこからストラトフォードアポンエイボンへの観光に出かける事も出来ます。